08

24

コメント

折り畳み自転車乗り換えてたりします(今更)

ボクは折り畳み自転車でロングツーリングをする人だということは皆様ご存知かと思います。

愛用していた自転車は DAHON の SpeedProTT 。
マンゴーイエローの眩しい自転車です。
SpeedProTT.jpg

折り畳みがすこぶる簡単で、ギアが超ワイドレシオ。
あっちこっち輪行サイクリングするのに向いた自転車でした。

しかしながら、ここまで乗り込んでみると、不満もちらほら出てきてしまいます。

まず、重い。
クロモリモデルのフレームで、内装ギア、ホイールインチアップなどとしている結果、車重は12kgを超えてしまっています。
走る分にはそこまで問題にはならないのですが、抱えて歩くと超ツライ。

そして、フレームの構造上、ハンドリングがクイックで路面ギャップに弱いのです。
普通の人が普通に走る分には問題にはなりませんけど、北海道で、荒れた路面でのダウンヒルとかやろうとするとかなり怖いです。

何度かスっ転びそうになった結果、乗り換えを決意せざるを得なくなりました。

選定にあたっての絶対条件は
・折り畳み
・軽量
・アルミ
・ダイヤモンドフレーム
・ドロップハンドル

そのうえで、ホイールサイズが451だとなおよし。

…ネーヨ。

散々紆余曲折を繰り返した結果、DAHON の Dash X20 が最も要望に沿う自転車とわかりました。
絶版ナンデスガナー。

もうね、しょうがないので中古でもいいですよ、ええ。

あれこれ捜索して、予算と相談して、ヤフオクなども活用の結果、ほぼ満足のいくものが安価に手に入りました。
前オーナーさんも結構乗られていたようで、そこそこの傷があることと、パーツカスタムが進んでいる事、2011年モデルとやや古い事でやや敬遠されてしまったようです。
パーツカスタムはどうぜこっちでもやるし、傷は乗ればつくものだからしゃーないです。

んで、SpeedProTTもヤフオクでドナドナ。
ほぼ行って来いで納めることに成功です。

パーツは早速いじりました。

6770入れて電動化w
ケーブルルーティングの都合によりカーボンハンドルに交換。
クランクもアルテ。
BBとブレーキはヅラ。

原形ってなんだろう?

ここまでは予定通りなのですが、Twitterでご報告の通り、リアのスポーク破断して大トラブルが発生したこともあり、ホイールは
中華軽量ホイールに変えております。
中華なのがそこはかとなく不安ではあるのですが、アルミリムだから大丈夫でしょう。
タブン。

これで、高い安定性・持ち運びに便利な軽量性を手に入れることができました。
DASH X20
既に昨年末のFestive500や、ぼくのなつやすみ2017をクリアしております。

ただ、早速不満もチラホラw

折りたたんだ時にやや不安定なのが不満。
SpeedProTTは折りたたんだ時もかなり安定感がありました。

そして、小径車宿命の「ギアが足りない」。
40km/h超えるとアウタートップでも空転します。
いや、折り畳みでそんなスピード出すなよっていう説もありますけど…w

ま、どーやってもどこかに不満が出ることはしゃーないです。
なによりも安定性が手に入ったことの方が大きいですしね。

これでまたあちこち走り回りますよ。
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://bicycle97.blog121.fc2.com/tb.php/1650-a09170cc

天気予報

最新トラックバック

にほんブログ村

blogram

blogram投票ボタン

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

まとめ