--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

micron@携帯

あの満身創痍の横浜マラソンより過酷だったとは…
ホントにお疲れ様でした(#^.^#)
私達初心者は、ハーフ過ぎと30km過ぎくらいに壁があって
娘がフルを走る時にもその辺りで補給を渡します。
応援行けたら良かったのになぁ~~~
ゴミ袋ポンチョは、氷雨の降る東京マラソンでも大丈夫だったけどww
とにかくサブフォーは残念でしたが
次のフルマラソンには応援に行くから頑張ってネ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆

11

05

07:44

Siru

あれま!?どうしちゃったんですか?
余裕のゴールの報告を待っておりましたが。。。

やはりフルマラソンの”壁”にやられましたか?

自分も、整列時にトイレ行きたい気配があって、
どうしようかと迷っているうちにスタート。
走っている内に忘れましたが。。。。 笑

11

05

14:19

掌蹠オヤジ

お疲れ様でした~~!!
って、かなりきつかったみたいですね~?
でも、次のフルに繋がるレース経験でしたね。

私も、今回のオブさんの結果を東京マラソンの参考にさせていただきますねW

11

05

21:23

おぶ

>micronさん
「壁」のお話は想像以上でしたね~。
かなり甘く見てましたよ(´・ω・`)

ゴミ袋は役に立ちましたよ!
次回はもう少し工夫を加えてみようと思いますヽ(´ー`)ノ

>Siruさん
先日はお疲れ様でした!
や~、初マラソンはなかなかに厳しくはありましたが、勉強にもなりました。
来年に生かしたいところですね(`・ω・´)

>掌蹠オヤジさん
ほんとキツかったです!
何度も諦めようと思いましたよ~。

東京マラソンは楽しんできてくださいね!

11

07

22:57

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://bicycle97.blog121.fc2.com/tb.php/1236-cc54873f

11

03

コメント

湘南国際マラソン 完走しました?

本日、湘南で開催されました「第7回湘南国際マラソン」に参加してきました!
2012110200.jpg

初フルマラソン!
そこそこ自信ありで参加した訳ですが、手元の時計で 4時間23分弱 という苦い結果となりました。

あれー…。

自己分析してみると、大きく四つの理由が浮上してきましたとです。
大きな所から順に並べると

①練習不足
はっきり言って「走り込み不足」でした。
この3ヶ月の実走距離(トレッドミルを除外)は90km。
フルマラソンなめてね?

加えて、自転車乗ってるから心肺能力はそれなりに鍛えられてしまい、全体的にかなりバランスが崩れてしまっています。
5分/kmは感触としてLSDにしか感じられないのに、脚の方はかなり負荷。
折返しで脚が売り切れてしまい、最後までいけませんでした…。

これまではデュアスロンやハーフマラソンを目的とした練習ばかりで、長い距離は対象になってなかったですから。

②オーバーペース
先日試したフルマラソン練習では5.5分/kmがギリギリなラインと思われていました。
なのに、トイレ休憩でロスしてしまったタイムを取り戻そうと5分/kmで巡航したため、最後まで持たない結果に。
「オーバーペース」ってわかっていたのに、息が上がらないのでついつい出し過ぎてしまったとです。

この辺は①と被るところですか。

③補給失敗
スタート前に蒸しパン・羊羹・ウィダーインを入れて満腹状態。
給水所では常に水orスポーツドリンクを給水。
15km毎にワンセコンドを補給。

「ここまでやれば大丈夫!」と思ったら、塩分が不足してふともも(大腿四頭筋)が両方攣りました…。
涼しくて汗が出ないと油断しましたとです。

あと、30kmくらいでハンガーノック気味。
燃費悪すぎじゃね?

④機材損耗
機材のせいにするのはヘタレの証明ではあるのですが。

いま使っているランニングシューズ(ZOOM SPEED LITE ST +2)は購入して2年。
はっきりとヘタリを感じるレベルになってしまっています。
新品をいきなり実戦投入するリスクのためズルズルと来てしまったため、実戦で脚にダメージがくるシューズで出場と本末転倒な結果となりました。


つらつらと並べてみましたが、端的に言うなれば「練習不足」「自信過剰」「経験不足」ってところですか。

正直なところかなり凹んでいたります。
この気持ちを忘れないようにして、一から練習やり直すようにしたいところですね。
来年はきちんとリベンジできるようがんばるべ。

細々とした雑記は↓をご覧ください。

03:30 起床
眠い、寒い(´・ω・`)


05:00 出発
この時間の京浜東北線なのに、ランナーっぽい人がかなり。
特に東神奈川でどっと乗ってきました。
さすが2万人規模の大会だ。

わたしは横浜駅からの直行バスを予約していたのでそちらへ。
こちらもかなりの人数が申し込んでいたようですね~。

会場まで文字通り直行(会場は駅から遠い)してくれますので、これはかなりアリでした(´ー`)


07:00 会場入り
2012_110201.jpg
あるぇ~?
予報では晴れじゃなかったです?
一方で、予報通りかなり寒い…orz

準備して、荷物預けて、ウォームアップ。


08:00 整列
整列がスタートしましたので、大人しく指定のブロックの整列場所へ。
わたしはDブロックだったのですが、かなり先頭の方。

正直、整列はかなり後で良かったと思います(経験不足。
アドバイスもらったとおりゴミ袋ポンチョを被っていましたけれども寒い!寒いよ!
おかげでウォーミングアップした体は冷えてしまいましたし、トイレに行きたくなってしまいました…orz
コレが後々かなり大変な事になる発端へ。

また、誘導がかなりイマイチなところが。
Dブロックの途中(わたしのちょい後ろあたり)から列を割って別ルートから先に本線へ流し込む事をされてしまったりしましたよ('A`)
そりゃねーべ。


09:00 スタート
スタート直後の風景です。
2012_110202.jpg
スタートラインどこー?w

のろのろ歩き始めて、実際にスタートラインを踏めたのは10分くらい後でした。
まぁ、ネットタイムで見るからこの辺はもーまんたい。

ただし、周囲はかなりのローペースでマイペースに持ち込めません。
出だしは抑えめにするつもりであっても、ついつい周囲を縫うようにペースを上げ下げ(経験不足。
悪い癖ですね。

あと、前述通り冷えてトイレに行きたくなってしまい、第3給水所でピットイン。
これはかなりのミスでした。
みんな考えること一緒なんですよね~。
それなりに列があったために5分ほどのタイムロスです。

後になって振り返ると、後半になるほどトイレは空いてきていました(経験不足。
我慢できないほどではありませんでしたから、もっと先まで伸ばしていればタイムロスは抑えられていたのに。

失った時間を取り戻すため、これまで5.5分/kmで刻んできたペースを5分/kmへ一気に引き上げて巡航開始。


11:00頃 第1折返し地点(江ノ島)
ここまでは順調、順調、また順調。
息が上がることもありませんし、LSDぢゃないですか?
どうせならこのペースのまま最後までいけるんじゃね?って感じで。

で、ここからが急激にペースが悪化します。
よく「30kmの壁」という話を聞きますが、「20kmの壁」ですね。
ハーフマラソンまでの距離を目的にした練習しかしていなかった結果です。

脚が重くなって3~4km。
25km過ぎたところでとうとう両大腿四頭筋が攣りましたorz
走るどころか、前に進むのも困難なくらい。

ひょこひょこと足を引きずりながら進むこと数km。
今度は右腸脛靭帯炎の気配。
最後の気力が尽きた瞬間でした。

とうとう脚を止めてしまい、マッサージしてみるとなんとか痛みは治まってくれました。
ただ、折れてしまった心は如何ともしがたく、歩いて、ちょっと小走りやってはまた歩いて。
時々止まってマッサージはするものの、痛くてストレッチすらできない状態です。

30kmの所にあった給水所で、脚を止めたくて2回目のトイレ休憩。
もうタイムなんてどうでもいい。
むしろリタイヤ用のバスがあったため、8割方リタイヤすら考えてました。
最後の最後、「リタイヤなんて恥ずかしくて報告できない」なんてクソつまらない意地で本線へ復帰。
いやね、大人しく諦めろよ、と。
ひょこひょこ、歩いてるんだか、止まってるんだか。

何度目かのマッサージで止まっていた折、近くで私設エイドを開設していた方が見かねて塩タブレット・ゼリードリンクをプレゼントしてくれました。
この塩タブレット、効きました。
口にした瞬間から痛みが少し和らぐくらい。

なにより、見ず知らずなのに気にかけてくれて、応援してくれて。
ホントありがたかったです。
この場でも、改めて感謝を。

少しだけ周りを見渡せるようになってくると、周りもかなり大変な事になっていました。
わたしのように、「ある程度走れる」と思っていたのにトラブってぎりぎり歩いているのがちらほらと。
お仲間けっこういるもんですね~。
ただ、リバースしながら走っていたおっちゃん、彼は大丈夫だったのだろうか…?
さすがにそれはマズイと思うのです。

人のことは言えないかw


13:00 スタート付近(折返し前)
こちらのコースは、スタートラインを過ぎて数km行ってまた折返しとなっています。
折り返す前のスタートライン付近でちょうど4時間経過。
最低目標と考えていたサブ4が崩れた瞬間でした。

ここで、先ほど口にした塩タブレットが効果を発動…!
6分/kmなら走れるようになってました。
気を抜くと脚が止まってしまいますから、腕を全力で振って、気合いを振り絞って。

サブ4がダメでも、サブ4.5くらいは確保するんだ!
意地です。いや、タダのバカです。


13:30 ゴール
空っぽになっている気力を更に振り絞って、死ぬ思いで辛うじてゴールイン。
これまで経験した中で、最もキツイイベントでした。
脚にトラブルあった横浜マラソンが可愛く思えるくらい。
ほんと、DNFしろよ、と。

これまで曇っていた空が、ゴールした直後から晴れたのが印象的でしたね。
走る上では曇っていた方がありがたいけど、歩いている身としては晴れていた方が助かったよなぁ…。


気力体力共にからっぽ状態ですので、朦朧としながら帰路へ。
着替えて、大磯港行きのバスに乗って、大磯駅から東海道線。

この時間は意外にも空いてました。
皆さんもう少し会場でゆっくりして行っていたのかな?
こちとらそんな余裕ありませんぜ?

帰りのボックス席では隣に座っていたのはマラソンに参加した芸能関係者だったようです。
誰か?知りませんぜ。
こちとらそんな余裕ありませんので。


ジムに寄って、水風呂でアイシングして、マッサージして、帰宅してビール呑んで寝たようです。
意識が朦朧としていて、この辺よく覚えてません。


そんなこんなで、長く辛い一日が終わりました。

振り返ってみて、ようやったわ、と。
まったくもっていい教訓です、はい。

ここまで駄文におつきあいいただき、ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

micron@携帯

あの満身創痍の横浜マラソンより過酷だったとは…
ホントにお疲れ様でした(#^.^#)
私達初心者は、ハーフ過ぎと30km過ぎくらいに壁があって
娘がフルを走る時にもその辺りで補給を渡します。
応援行けたら良かったのになぁ~~~
ゴミ袋ポンチョは、氷雨の降る東京マラソンでも大丈夫だったけどww
とにかくサブフォーは残念でしたが
次のフルマラソンには応援に行くから頑張ってネ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆

11

05

07:44

Siru

あれま!?どうしちゃったんですか?
余裕のゴールの報告を待っておりましたが。。。

やはりフルマラソンの”壁”にやられましたか?

自分も、整列時にトイレ行きたい気配があって、
どうしようかと迷っているうちにスタート。
走っている内に忘れましたが。。。。 笑

11

05

14:19

掌蹠オヤジ

お疲れ様でした~~!!
って、かなりきつかったみたいですね~?
でも、次のフルに繋がるレース経験でしたね。

私も、今回のオブさんの結果を東京マラソンの参考にさせていただきますねW

11

05

21:23

おぶ

>micronさん
「壁」のお話は想像以上でしたね~。
かなり甘く見てましたよ(´・ω・`)

ゴミ袋は役に立ちましたよ!
次回はもう少し工夫を加えてみようと思いますヽ(´ー`)ノ

>Siruさん
先日はお疲れ様でした!
や~、初マラソンはなかなかに厳しくはありましたが、勉強にもなりました。
来年に生かしたいところですね(`・ω・´)

>掌蹠オヤジさん
ほんとキツかったです!
何度も諦めようと思いましたよ~。

東京マラソンは楽しんできてくださいね!

11

07

22:57

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://bicycle97.blog121.fc2.com/tb.php/1236-cc54873f

天気予報

最新トラックバック

にほんブログ村

blogram

blogram投票ボタン

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。