06

03

コメント

Mt.富士ヒルクライム 当日編②

2012/06/03に富士スバルラインで開催されました Mt.富士ヒルクライム の雑記(当日編②)です。
長文になりますので、詳細は↓をご覧下さい。

ゴール後はまず下山袋を受取るのに一苦労。
例年ですと広い駐車場でスペースがあるのでそれ程大変ではなかったですが、今年は工事で駐車場がまるまる使えません。
ほっそい道路で受渡になるからえらい混雑するし、受取っても装備する場所の確保にまた困るし。
工事という事情があるとはいえ、困ったもんだ。

大混雑の図
2012_060328.jpg
ゴールする人>>下山する人 って感じでどんどん人が増えちゃって来てたけど大丈夫だったのでしょうか?

ちなみに、↑の写真には鶴見氏が写りこんでいるようですw


09:45 第6スタートで下山開始
さぁ!地獄の幕開けだ!

・五合目の気温は5℃
・写真のとおり、かなりのガス
・まだ右ふくらはぎが攣り気味
・鎖骨骨折時のトラウマで下りはやたらめっぽう怖い

死ぬわ~。マジで死ぬわ~。

下山装備は
・ヘッドマスク
・ユニクロ ウルトラライドダウン
・ウィンターグローブ
・裏起毛タイツ
・レインシューズカバー
という「真冬かよ!」ってレベルの装備だったんですよ。
さすがにこれなら大丈夫って思っていたのに、寒い!寒い!ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

特に足先&指先がやばい事になり、指先が しびれる → 痛い → 感覚がまるで無い と進化。
ブレーキ握る感覚無いよ!

あまりの惨状に途中の駐車場で一息入れてました。
2グループぐらい後ろのパトロールにも抜かれましたからえっらいへたれてましたねぇ。
事故るよりは遥かにいいのですが。

それにしても雲の中で視界がホワイトアウトしているのに猛スピードで下れる方々は逝かれているとしか思えないです、はい。
下のほうなんて結構路面がウェットなのに。

1kmごとにラップを区切ってくれるえっぢの中の人に励まされながら、ようやく料金所まで下ってこれた事の安心感と言ったら。
ありがとう、えっぢの中の人。

ただし、この辺から完全に「雨」('A`)


10:30 北麓公園
やっとこ帰ってこれたよ!
無事って素晴らしいね(ノД`)
富士HCは登るのは全然アリなんだけど、下りがなんともなぁ。

恒例のうどんの美味しい事美味しい事。
2012_060329.jpg
今年はちょっとボリューム増?
雨の中かっこんで、早々に宿へ撤退。


12:30頃 撤収
ヘロヘロになりながら宿に戻ってみるとなにやら盛り上がってます。
え?なに?しばぞー先生入賞!?
SugeeeeeeeeeΣ(´д`*)
おめでとうございますヽ(´ー`)ノ

いや~、こんな大規模大会で入賞なんてマジ凄いですね。
雲の上だわ~。
これはきっと、アミノバイタル効果なんでしょう(謎。

あと、「90分切れないかも」なんて嘯いていた某氏がしっかり「80分切って」ました。
やっぱり三味線でしたかw
自転車乗りの言うことは信じられないわ~。

ドロドロに汚れてしまった自転車を掃除して、しばぞー先生の表彰式待って、しばらくまったり。
式が終わったところで撤収となりました。


15:30 帰宅
帰りもオヤジさんの車にご厄介になっての帰り道。
特に道に迷うこともなく、無事帰宅できましたヽ(´ー`)ノ

あれだけ雨に祟られたのに、こちらは雨の気配がない不思議!


帰宅後は大量の洗濯物とマドンさんのお掃除。
風呂入って晩飯食べたらばたんきゅー。


参加された全ての皆様、お疲れ様でした!

関連記事
スポンサーサイト

かずい

あっちの返事はこっちで的な感じでw
いやはや富士はお疲れ様でした、とりあえず競技中は晴れてよかったですね。
しかし、90分切れないとか言いつつ80分切る不届き者がいるんですね…
いやホントに切れないと思ってたんだってバァ。
また来年も楽しみましょう、よろしくです。

06

06

18:36

おぶ

いや~、「自転車乗りの言うことを信じてはいけない」ということをまざまざと体験できましたw
次回からは調子悪い話は1/10くらいで聞くことにしますねw

また来年もよろしくお願いします!

06

06

23:12

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://bicycle97.blog121.fc2.com/tb.php/1120-8b1e974d

天気予報

最新トラックバック

にほんブログ村

blogram

blogram投票ボタン

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

まとめ