09

24

コメント

KOMATSU全日本鉄人レース2017

※ドラフティングに対して批判的なことを多々記載しておりますので、心当たりのある方はお戻りいただけると幸いです。

今年も小松鉄人レース ロング(Run6km - Bike60km - Run20km)の部に参加してきました。

幸いにも昨年は年代別で入賞できました。
ですので、今年も年代別入賞が目標での参加です。

4時半起床。
6時チェックアウト…のツモリだったのですが、いつものgdgdで15分遅れ。
この癖直さないとイカンな。

6時半前に会場入りして受付。
バイクセットして、荷物預けて、ウォームアップ。
1stRunがアップのツモリなので、一回心拍上げておくくらい。

7時半に鉄人の部を見送って、ロング・ショート・リレーの部は7:40にスタート。

昨年の反省から三列目に整列していたのでスムーズな出だし。
入りの1kmは4'10くらい。
想定のキロ4.5からは速過ぎなのでちょい落とし。
すると、「ぜーはー」言いながら抜いていく人がちらほら。
これから長丁場なのだから、息を切らせて行くはマズくないんですかね?

ここのところのスピードトレーニングが生きたのか、昨年より1分速い25分くらいで1stRun終了。


トランジションこなして、Bikeパートスタート。

とりあえずマイページを心掛けての一人旅。
9kmくらいでリレーの部に参加しておられる筧さんに抜かれる。
さすがに速いね。

ひとつめの峠登っている最中、折り返してきたのを見ると、先頭は4~5人の集団。
しばらく空けて、2〜30人くらいの集団。
マーシャルくっついているのに、散らしたりペナルティとかとってない。
さすが悪名高い小松鉄人レース。

自分も折り返しての下り坂、「ヒャッハー」やっていたら後ろに気配。
小判鮫がいる(;´Д`)
バイク左右に振ってもへばりついてくるので「ルール守れ」と怒鳴りつけ。
即座に離れて、後で謝ってきたので許す。
このやりとりしていてもくっついているのがいるのは神経太いというか。
さすが悪名高い小松鉄人。

ふたつめの峠折り返しでも、先頭集団と大きなドラフティング集団を確認。
大きなドラフティング集団が当初想定よりも大人数で、あの中に同年代がどれだけいるかが個人的な焦点。
ロング以外にもショートとリレーが混在しているからわからないんですよね。
人数によっては年代別は無理かも、と若干の気落ち。
そのくらいの大集団でした。

終盤ちょっと補給を受け付けない感じの気持ち悪さが出るも、無理に流し込み。
どうにもバイクは「乗れてない」感があり、昨年よりも1分ちょいの悪化。
1stRunの貯金使い果たしちゃった(´・ω・`)


トランジション戻ってぱっと見渡せば、ロングの部のバイクは10〜20台くらいかな?
うあ、微妙だ。
とりあえず、「ビハインド5分までは射程圏内!」と飛び出す。

2ndRunも入りは4'10くらい。
速過ぎなのでペース落とすも、バイクと違ってランは脚がいい感じにまわってる。
いけるんじゃね?感あり。

序盤の難所山田峠はさすがにペース落ちてキロ5台。
こなしてからの平坦エリアは4'30台で巡航。
いい感じっす。

なんですが、周囲に人がいない…。
抜いたり抜かれたりはほとんどがリレーの選手で、ロングは二人くらいかな?
「あー、これは入賞ダメかも…?」とか思いつつも、昨年よりも全然走れているのでがんばる。

沿道の応援ありがたいです(´ー`)

小松鉄人のエイドは豪華だそうですが、こちとらそれどころではなく。
水分だけもらって、補給はジェル任せ。
せっかく準備してくれているのにごめんちゃい。

エイドごとに水分ちゃんと摂っていたにも関わらず、10kmくらいで背中に攣り感出ちゃいました。
かなり暑い、タフなレースでしたね。

残り5kmでスピードアップを予定するも、逆にペースダウン。
さすがにしゃーないか。
ここでペースアップできる強さがほしいです、はい。

残り1kmといった地点で、久しぶりに先行する選手を発見。
ゼッケンをよ~く確認するとリレーの選手。
順位関係なしスルーしても良い感じ。
でも、せっかく現れた目標なので、頑張ってゴール前に差し切らせていただきました。
ペースアップの協力感謝。


トータルタイムは3時間38分半くらい。
昨年よりも6分ちょっとの大幅改善。
全部2ndRunで稼ぎました( ´∀`)
ビホロに向けてランの改善を図ったのが大きく寄与しましたね。

急ぎでシャワー浴びて、配付される昼食とって一息。
やー、疲れた疲れた。

12時くらいに速報リザルト確認。
目標達成の年代別入賞\(^o^)/
トライアスロンでは激戦区の40台でも戦えていたようで一安心。

しかしまぁ、上のリザルトみると、明らかにドラフティングが見て取れるんですが(;´Д`)
集団との2ndRunスタート時のビハインドは9分弱だった模様で、さすがにここまでされちゃうと追いつけないですなぁ。

フライトまでにはだいぶ時間があったので、無料サービスのスポーツマッサージを受けてみる。
軽く揉まれてお終いかと思いきや、お金払うレベルの施術してくれてびっくり。
ランの改善アドバイスも貰えたので、しばらく取り組んでみようかと。

14時ちょい前に会場離脱。
お米に煎餅にとイロイロ貰って荷物が大変な事になりましたが、無事に小松空港へ自走。

荷物預けたら重量超過で機内持込発生なんて小話入れつつ、無事の帰宅でございました。

いやはや、大変な二日間でした。
スタッフの皆様、ルールを守って正しく楽しまれた皆様、お疲れ様でした。
スポンサーサイト

09

23

コメント

KOMATSU全日本鉄人レース2017 前日編

今日は小松鉄人レースの前日移動日でした。

8時半出発、9時羽田空港着。
あっさり自転車預けられたので余裕かと思いきや、保安検査場が大混雑。
バランス取れてるね(ヽ´ω`)

10時半フライトで11時半小松空港着。
自転車回収して組立。飛行機輪行アイテムをコインロッカー預け。
12時ちょい過ぎに会場向けて出発。

途中コンビニで昼飯とって、13時ちょい過ぎに会場着。
ちゃっちゃと受付済ませたら開会式まで1時間半の余裕あり。
昨年同様にランコースを自転車で下見しておきました。

基本フラットではあるものの、序盤に軽く峠があったり、細かいアップダウンがあったりとけっこータフなコース。
下見してイメージ作れて良かった。

15時から開会式。
半分以上がセレモニーで、諸注意は20分くらい。
ガチなレースでは無く、地元のお祭りイベントって位置づけなんだろうな。
エントリーの大半は県内・市内なようですし。

16時で諸々終了。
申込時に書いたメッセージがパンフレットに採用されたのでメッセージ賞なるものをいただく。
煎餅だそうなので会社の土産にしよう。
嵩張るのが玉に瑕か。

会場近くのビジネスホテル抑えていたのでチェックイン。
近く(2km)のコンビニで朝飯調達を試みるも品揃えがイマイチ。
ちょっと離れたトコロにある別のコンビニで無事調達完了。

夕飯は宿の中にある食事処を利用。
うん、大外れ。
もし来年も来るのであれば、面倒でも外でとるようにしよう…。

翌朝は早いので21時過ぎには就寝。
おやすみなさい。

08

24

コメント

折り畳み自転車乗り換えてたりします(今更)

ボクは折り畳み自転車でロングツーリングをする人だということは皆様ご存知かと思います。

愛用していた自転車は DAHON の SpeedProTT 。
マンゴーイエローの眩しい自転車です。
SpeedProTT.jpg

折り畳みがすこぶる簡単で、ギアが超ワイドレシオ。
あっちこっち輪行サイクリングするのに向いた自転車でした。

しかしながら、ここまで乗り込んでみると、不満もちらほら出てきてしまいます。

まず、重い。
クロモリモデルのフレームで、内装ギア、ホイールインチアップなどとしている結果、車重は12kgを超えてしまっています。
走る分にはそこまで問題にはならないのですが、抱えて歩くと超ツライ。

そして、フレームの構造上、ハンドリングがクイックで路面ギャップに弱いのです。
普通の人が普通に走る分には問題にはなりませんけど、北海道で、荒れた路面でのダウンヒルとかやろうとするとかなり怖いです。

何度かスっ転びそうになった結果、乗り換えを決意せざるを得なくなりました。

選定にあたっての絶対条件は
・折り畳み
・軽量
・アルミ
・ダイヤモンドフレーム
・ドロップハンドル

そのうえで、ホイールサイズが451だとなおよし。

…ネーヨ。

散々紆余曲折を繰り返した結果、DAHON の Dash X20 が最も要望に沿う自転車とわかりました。
絶版ナンデスガナー。

もうね、しょうがないので中古でもいいですよ、ええ。

あれこれ捜索して、予算と相談して、ヤフオクなども活用の結果、ほぼ満足のいくものが安価に手に入りました。
前オーナーさんも結構乗られていたようで、そこそこの傷があることと、パーツカスタムが進んでいる事、2011年モデルとやや古い事でやや敬遠されてしまったようです。
パーツカスタムはどうぜこっちでもやるし、傷は乗ればつくものだからしゃーないです。

んで、SpeedProTTもヤフオクでドナドナ。
ほぼ行って来いで納めることに成功です。

パーツは早速いじりました。

6770入れて電動化w
ケーブルルーティングの都合によりカーボンハンドルに交換。
クランクもアルテ。
BBとブレーキはヅラ。

原形ってなんだろう?

ここまでは予定通りなのですが、Twitterでご報告の通り、リアのスポーク破断して大トラブルが発生したこともあり、ホイールは
中華軽量ホイールに変えております。
中華なのがそこはかとなく不安ではあるのですが、アルミリムだから大丈夫でしょう。
タブン。

これで、高い安定性・持ち運びに便利な軽量性を手に入れることができました。
DASH X20
既に昨年末のFestive500や、ぼくのなつやすみ2017をクリアしております。

ただ、早速不満もチラホラw

折りたたんだ時にやや不安定なのが不満。
SpeedProTTは折りたたんだ時もかなり安定感がありました。

そして、小径車宿命の「ギアが足りない」。
40km/h超えるとアウタートップでも空転します。
いや、折り畳みでそんなスピード出すなよっていう説もありますけど…w

ま、どーやってもどこかに不満が出ることはしゃーないです。
なによりも安定性が手に入ったことの方が大きいですしね。

これでまたあちこち走り回りますよ。

08

24

コメント

ぼくのなつやすみ 2017

毎年恒例となっております、「ぼくのなつやすみ」を今年も開催してまいりました。

今夏は天候不順のため自転車乗りには非常に難しい情勢。
直前まで予定変更を繰り返しの悩ましい計画立案となりました。

しかしながら、ふたを開けてみれば概ね好天に恵まれたぼくのなつやすみ。
これも日ごろの行いがいいおかげですね。

これから備忘のための殴り書きをいくつか掲載します。
お暇な方は暇つぶしにご一読されますと、「ああ、今年もやからしているなぁ」と思われることかと存じます

08

20

コメント

ビホロ100kmデュアスロン 当日

4時起床。
シャワー浴びて、4時半に宿で朝食。
この時間に朝食を用意してくれるのはありがたい。
なにせ近所のセイコマはまだ開店してませんから。

5時半ちょい過ぎにチェックアウトして会場へ。
バイクセッティングをして点呼済ませてウォーミングアップ。
今回は「年代別入賞」を目標としておりますが、不思議と緊張はなかったです。

さて、ここで今日のレースプランを。
ビホロ100kmデュアスロンは1stRun10km-Bike80km-2ndRun10kmのトータル100kmとなるロングディスタンスデュアスロンです。
過去のエイジ40入賞ライン(6位)はトータルで3時間52分あたり。
ですので、1stRun45分-Bike2時間20分-2ndRun45分のトータル3時間50分の時間配分を目標とします。
ランはこなせる自信がありますが、バイクがどうか。
ある程度はランで貯金して、バイクで吐き出しも視野に入れておきましょう。


7時ちょうどにスタート。
まずは周りに合わせて走ってみて、入りの1kmは4分くらい。
レースプランからはあきらかに速すぎるため、少し落として4分10-20秒台キープへ調整。
そうすると何人かに抜かれてしまいます。
ここは我慢我慢。

市街地を抜けて郊外区間になると、代わり映えのない景色につい気が緩んでしまい、4分半へ落ち込み。

「こらアカン」とねじを巻きなおしたところ、似たようなペースの方ととてもきれいなローテーション体制が成立。
なにこれ、楽しい。
(ランのドラフティングはルール上OKです)

最後の1kmでボクがペースアップ。
協調体制崩して引き離すも、競技場に戻るための登り坂で差し替えされる。
ここでの脚の消耗はNGなので我慢我慢。

1stRun 9.8km 42分29秒
10kmよりもちょい短いですね。



トランジションは慣れたものです。
Garminの切り替えは失敗しちゃってますけどw

2~3人くらいはパスできたかな。


バイクには先ほどの方とほぼ同時にスタート。
したのですが、あっさり置いて行かれる…。
ぐぬぬ。

最初の平坦区間は淡々と踏んで、一つ目の登りを登ったところでGarminとパイオニアサイコンに同時にエラー音。
パワメーター(4iii)のバッテリー低下とのこと。
えー、こんな時にかよ。
2時間くらいは持つでしょうしとりあえず無視。

というか、今日は時間を目安に走っていたので、せっかくだけどパワーメーターは参考にしなかったです。
パワー参考にして走っちゃうと目標タイムこなせなかったので。
あれ?それでいいのか?なんかおかしいぞ?

美幌峠に向かう周回エリアに入ると緩やかな登り坂基調。
登り区間に入るとロードバイクの方に抜かれてしまい、平坦や下り坂で抜き返す。
しばらく抜きつ抜かれつやった後、最後には置いて行かれる。
これを数台やらかしてしまう。

もしかして:バイク遅い

サイコン読み40km経過でちょうど70分くらい。
悔しい気持ちは持ちつつも、目標にはオンタイムなのでここは我慢我慢。
ペース維持を心掛けます。

心掛けますが、やや荒れ気味の路面による疲労や単調な景色による飽きもきてしまい、周回エリア2周目でちょい気持ちが切れてしまいました。

美幌峠下りエリアで周回遅れをパスできるようになったところで気持ちの切り替えが入り、ようやく踏み直し開始。
TTバイクで緩いまっすぐな下りは楽しいなぁ。

後半「80kmで2時間20分」に届かないペースと判明して焦るも、事前情報通り、バイクもちょっと短い距離「77.3km(Strava)」であったため、目標ほぼぴったりの2時間20分50秒でバイクフィニッシュ。
怪我の功名的なものはありますけど、80kmで2時間20分となるペースからAve1.1kmも遅かったのは痛いですね。

もしかして:バイク遅い

ちなみになのですが、ボクの周囲でみる限りではドラフティングはまったく見受けられませんでした。
素晴らしい。デュアスロンとはかくあるべきかな。

Bike 77.3km 2時間20分50秒(トランジションタイム含む)


あと、来年への備忘
バイク携行の補給食はスポーツ羊羹2本&mag-on2本では少し足りない印象だったため増やすこと


トランジションに入って周りを見渡すと、戻ってきているバイクはざっくり30台くらい?
この中には2部(Bike-Runの90キロのみ)やリレーの選手も含まれているから、順位はもうちょいいいくらいかな?
2ndRunでどこまで巻き返せるかがカギですね。


スタート直後の下り坂を生かして、入りの1kmは4分ちょっとくらい。
思った以上に脚はまわるぞ!

バイクで脚を使い切っているのか、かなりペースの落ちている方を捕まえては抜く、を繰り返す。
狙い通りの展開です。
こちらも消耗しているのでじりじりと巡航ペースは落ちて行ってしまいますが、そこは気力でカバー。
目標タイム切りが現実的なラインなので頑張れます。

7kmくらいのところにある折り返し地点で、数百m前に同カテゴリ(1部)の選手を発見。
ゴールまでにこの方を抜くことに気力を巻き直します。

が、さすがに相手もさるもの。
平坦区間ではじりじりと詰めるに留まります。

「あー、これはアカンかなー」と気力が切れかけた残り1km。
競技場に戻る急な登り坂で前の選手が急激なペースダウン。
残った脚をつぎ込んで、坂を上り切ったポイントで捕まえることに成功。
ここまで100km走ってきて、最後にゴール前の陸上トラックでスプリント勝負という最もキツイ&やりたくないシチュエーションがやってきました。

ですが、相手選手は完全に出涸らしのようで、こちらをスルーしてくれて助かった。
念のため陸上トラックで安全マージンを確保し、最後はガッツポーズでゴール。
写真はオフィシャルで撮影し、プレゼントしてくれました。
DSC_0004.jpg
いいね!

2ndRun 9.8km 44分14秒


さて、ゴールタイムは3時間47分33秒。
目標を大きくクリア!
これならエイジ入賞間違いなし!

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

ビホロデュアスロンはゴールしたら即完走証を発行してくれます。
DSC_0225_201708242002541c4.jpg
速報:総合22位 エイジ8位

マジか…。
ギリ逃した7位ですらない、8位っすか。


周りの人と話をしましたが、皆さん一様に「今年はやたらと速い」と。

曇り・気温が低い・風が無いと非常によいコンディションであったとは思います。
また、初参加の速い選手がいたようです。

ぐぬぬ。


やー、ぶっちゃけかなり悔しいです。
現状出しうるほぼベストを出して、設定していた目標も大きくクリアしたのに届かなかった。
ビホロレベル高いよ。

ちなみに、今年入賞したければあと4分半必要でした。
ランでこれを稼ぐのは厳しいので、バイクでAve1.1km速くないとダメです。

ぐぬぬ。


TTバイクをピックアップして、そのまま宅配パッキング。

またもやセイコマで昼食。
豚丼サイコー。

タダ券くれた峠の湯まで移動して汗を流し、未練がましく会場に戻って掲載リザルト再確認。
(カテゴリ順位の感想を下記にて)

出涸らし状態の脚で女満別空港までサイクリング。

折り畳み自転車を預けて、あとはフライトだけ。

自転車配送で一緒になっていた方と同じ便でしたので雑談で時間つぶし。

オンタイムでフライト。
ああ、北海道を離脱する。帰りたくない。
来年も来ようね。

21時頃無事帰宅と相成りました。


デュアスロンに参加された方・スタッフの皆様、お疲れ様でした。

続きを読む

天気予報

最新トラックバック

にほんブログ村

blogram

blogram投票ボタン

検索フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

まとめ